頻尿

年齢を重ねると尿の回数が増えたりする悩みを抱えることがあります。

これは頻尿といいますが、頻尿は一般的に一日で8回以上トイレに行くとそのように診断されます。

また、今までトイレに行く回数より明らかに増えている場合は8回以下でも頻尿といえます。

頻尿の原因

頻尿は男性と女性で少し原因が異なります。

男性の頻尿の原因

前立腺肥大

男性にしかない前立腺が大きくなると、尿道が圧迫されてしまい、尿のキレが悪くなります。

そのせいですべての尿を排出できずに、何度もトイレに行くはめになります。

これは同時に残尿感も感じるようになるので、常にスッキリしないといったモヤモヤ感が出てしまいます。

過活動膀胱

過活動膀胱というのは膀胱の周りの筋肉(排尿筋)が過剰に収縮して縮むことで、尿をたっぷりとため込めない状態のことです。

尿があまり溜めれないと、尿意がすぐに出てくるので頻尿になります。

過活動膀胱は年齢を重ねると症状が現れる人数が増加していきます。

女性の頻尿の原因

過活動膀胱

男性と同じように女性も歳をとると過活動膀胱になるケースが多いです。

さらに女性の場合は尿道が男性より短いので、尿漏れにつながるケースが多いです。

骨盤底筋のゆるみ

骨盤底筋というのは膀胱や尿道を支える筋肉なのですが、運動不足や老いによる筋力の衰えにより緩んだ状態になります。

骨盤底筋はいわば尿を我慢する時につかう筋肉なのですが、これが緩むと不意に尿を排出、つまり漏らしてしまうということになるのです。

骨盤底筋は筋肉なので、鍛えることで強化することができます。

頻尿とノコギリヤシ

ノコギリヤシには頻尿を予防してくれる効果が期待されています。

とくに前立腺肥大が原因の排尿障害に効果があるという研究結果が多数発表されています。

頻尿と残尿感は同時に発症する場合が多いので、排尿に不安がある人はノコギリヤシを試してみてもいいと思います。



【参考】日本泌尿器科学会